ロボット研究者の戯言

Ubuntuでブートの設定を変更する

      2016/06/23

はじめに

UbuntuをWindowsなどのOSとマルチブートで使用している人は多いと思うのですが,WindowsマシンにUbuntuを後からインストールするとデフォルトで起動するOSがUbuntuになってしまいます.

Windowsをメインで使っている人はデフォルトでWindowsが起動する方が都合が良いですよね.

ということで,デフォルトで起動するOSを変更してしまいましょう.

環境

OS : Ubuntu 16.04

Windows10とのデュアルブートで,ブートローダはUbuntu標準のgrubを使用しています.





手順

以下のような手順で変更を行います.

  1. /boot/grub/grub.cfgの中からWindowsのOS名を検索
  2. /etc/default/grubを編集
  3. grubを更新

1./boot/grub/grub.cfgの中からWindowsのOS名を検索

まず,emacsなどのエディタで/boot/grub/grub.cfgを開きます.

編集をするわけではないのでsudoは不要です.

windowsで検索すると,OS名が見つかると思います.私の場合は’Windows 10 (loader) (on /dev/sda1)’いうようなOS名でした.

これをシングルクオーテーションを含めてコピーします.

2./etc/default/grubを編集

次にエディタで/etc/default/grubを開きます.

今度は編集を行うのでコマンドの先頭にsudoをつけましょう.

この中に”GRUB_DEFAULT=0″という行があると思うのですが,0の部分を削除して上でコピーしたものをペーストします.

私の場合変更前と変更後は以下のようになりました.

before

変更前

 

after

変更後

このように変更したら保存します.

※ ついでにタイムアウトの時間を3秒に変更しています.(GRUB_TIMEOUTを変更)

3.grubを更新

最後に設定ファイルの変更を反映させます.

これで変更完了です.次回起動時からデフォルトでWindowsが起動します.

 - Ubuntu , , , , , ,