ロボット研究者の戯言

骨伝導イヤホン boco earsopen

      2017/07/03

音楽が身近になる骨伝導イヤホン

先日,ネットニュースを見ていると気になる記事が.

なんと耳を塞がずに音楽が聞ける骨伝導イヤホンで話題になっている会社があるらしい.

それがbocoという会社で,どうやらソニー出身者を含むメンバーが高音質な骨伝導イヤホンを開発しており,クラウドファンディングで順調に資金を集めているそう.

スポンサーリンク



骨伝導イヤホンのメリットって?

骨伝導イヤホンって耳を塞がないから,周りの音が聞こえる状態にして置かなければならない状況,例えば自転車に乗っている時なども使えるってこと.

もちろん周りの音が聞こえるから雑音入りまくりで,音楽だけを楽しむときには向かないけれど,BGM的に音楽を聞きたいときは持って来いですよね.

私も仕事中に使いたい.というか,もうすでにクラウドファンディングで出資したので,数カ月後には手に入る予定.

boco earsopen クラウドファンディング

これで電話やノックに気づかないのではないか,という恐怖心から開放されて心置きなく仕事が出来そう.

音質ってどうなの?

実は骨伝導イヤホン自体は数多くの商品がすでに世の中に出回ってたみたいで,アマゾンのレビューを見るとやっぱり音質面で不満があったみたいです.(不満といっても骨伝導だから仕方ないと割りきっている方が多く,レビュー自体は高評価)

bocoの骨伝導イヤホンは周波数特性がワイドレンジで,音楽をいい音で楽しめそう!と出資者のみなさんは期待されているようです.

もうひとつのメリット

骨伝導は鼓膜を伝えずに骨を通して聴覚神経に音を伝えているので,難聴で音がほとんど聞こえない方でも,骨伝導イヤホンを使うと音が聞こえる可能性があるとのこと.

bocoは聴覚補助を行うタイプも開発していて,通常のタイプと同様に支援を受け付けているみたいですね.

健全者に付加価値を提供するだけでなく,障害をもつ人々に希望をもたらすすばらしいプロジェクトだと思います.

 

 - オーディオ , , , , , , ,