ロボット研究者の戯言

Jetson TX1にCaffeをインストール

   

デスクトップPCにインストールする時とちょっと違う

以前デスクトップ版のUbuntu 16.04にCaffeをインストールする記事を書きました.

Ubuntu 16.04 with CUDA にCaffeをインストール

今回は同様にして,Jetson TX1にCaffeをインストールします.がしかし,まったく同じというわけにもいきませんでしたので,メモしておきます.

ちなみにeMMCの容量は16GBと小さいので,SSDやSDを追加してインストールする方が良いと思います.

また,JetsonはCPU自体はそんなに速くないので,ホームディレクトリで

を実行し,CPUとGPUのクロック周波数を上げておくとインストールが早く終わります.

スポンサーリンク



手順

Jetpackを使用するとCUDA,cuDNN,OpenCV等が一括でインストールされるため,Caffeをインストールするまでの道のりはかなり楽です.

Jetson TX1にUbuntu16.04をインストール(JetPack L4Tを使用)

Jetson の場合は以下のような手順で進めます.

  1. Caffeのダウンロード
  2. 依存パッケージのインストール
  3. Makefile.configの編集
  4. Makeによるビルド

1.Caffeのダウンロード

GitHubのCaffeのページからダウンロードして,任意の場所で解凍しておきます.

Caffe | GitHub
https://github.com/BVLC/caffe

解凍したらCaffeのルートディレクトリに移動しておきます.

2.依存パッケージのインストール

公式ページの通り,依存パッケージをインストールします.

また,pycaffeを使う場合は,追加の依存パッケージを以下のようにしてインストールします.

なお,このときrootで行わないと正常にインストールされないかもしれません.その場合は以下のようにして下さい.(sudoを追加しただけです)

スポンサーリンク



3.Makefile.configの編集

基本的にはデスクトップPCにインストールする場合と同じですが,少し違うので注意が必要です.

まず,Makefile.config.exampleをコピーしてMakefile.configを用意しましょう.

次に適当なエディタでMakefile.configを開き以下のように変更します.

  • USE_CUDNN := 1 (コメントアウト)
  • CUDA_ARCH に 53 を追加(Jetson に載っているTegraが53番なので,それを指定).このとき 20 と 21 を削除しておくと,警告が減ってすっきりします.

  • WITH_PYTHON_LAYER := 1(コメントアウト,必須ではないが今後のため)
  • INCLUDE_DIRS に /usr/include/hdf5/serial を追加

  • LIBRARY_DIRS に /usr/lib/aarch64-linux-gnu/hdf5/serial を追加

4.Makeによるビルド

ここまでできたら後はビルドをするだけです.

Jetson の CPU は4コアなので,”-j4″ オプションをつけると速くなります.

以上で完了です.お疲れさまでした.

 - Caffe, Jetson, Ubuntu , , , , ,