ロボット研究者の戯言

Windows Subsystem for Linux で GUI アプリを使えるようにする

   

Windows Subsystem for Linux が便利

Windows10のバージョン1709からは,Windows上Linuxを動作させる機能が正式に追加されました.

その名もWindows Subsystem for Linux (WSL).以前はBash on Windowsという名前で試験的に使用できました.

今までWindows上でLinuxを使用する場合は,VM WareやVirtual Boxを使ったり,Tera Termを使ってLinuxサーバにリモートログインしていましたが,WSLを使うと簡単にLinuxを使用することができ,大変便利です.

ただし,WSLは基本的にCUIでの利用を想定されており,それはそれでいいのですが,GUIでアプリを使いたいときもあるというのが本音です.

今回はデスクトップはGUIでなくても良いが,アプリはGUIで使いたいという人向けに記事を書きます.

手順

手順は以下の通りです.WSLをすでに使用している人はステップ3から進んでください.

  1. WSLの機能を有効にする
  2. Linuxディストリビューションをインストール
  3. VcXsrvをインストール

1.WSLの機能を有効にする

まず,「コントロールパネル」→「プログラム」→「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします.

たくさんあるチェックボックスの中から「Windows Subsystem for Linux」を見つけてチェックをつけ,OKを押すとインストールが始まります.

インストールが終わると再起動が求められるので,再起動しましょう.

これでWSLはインストール完了です.

2.Linuxディストリビューションをインストール

まず,Microsoftストアを開き,”Linux”やディストリビューション名(例えば”Ubuntu”)等で検索しましょう.

今回はUbuntuをインストールしました.

インストールが終わるとLinuxが使えるようになっているはずです.

スタートメニュー等からアプリを起動すると,ターミナルが起動します.

初回起動時は少し時間がかかり,また最初にユーザ名とパスワードを入力する必要があります.

3.VcXsrvをインストール

ステップ2まででLinuxは使用できるようになっていますが,CUIのみ利用可能です.

GUIアプリを使用するためにVcXsrvというフリーソフトをインストールします.

以下のサイトから最新のインストーラをダウンロードし,実行します.

https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/files/vcxsrv/

インストールが完了したら,VcXsrvを起動します.

特にウィンドウは開きませんが,デスクトップ右下にインジゲーターが現れるはずです.

これで終了!と言いたいところですが,1つだけ設定が必要です.

以下のコマンドで環境変数を追加しましょう.

0.0の部分が環境によって変わる可能性があります.

インジゲーターにマウスカーソルをかざすと,ホスト名の後に数字が書いてありますので,適宜変更してください.

たいていは0.0になっていると思います.

この設定が終わると,GUIアプリが起動できるようになっているはずです.

以上,お疲れさまでした.

 - Ubuntu , , ,